WEBSHOP購入館 byアンティークマザーグース...|わたしの顕微鏡について

product1
product2
product3
WEBSHOP購入館 byアンティークマザーグース1
WEBSHOP購入館 byアンティークマザーグース2
WEBSHOP購入館 byアンティークマザーグース3

WEBSHOP購入館 byアンティークマザーグース

82500円

シカゴで仕入れてきました、スペンサー社の顕微鏡です。 スペンサー社は米国で一番歴史のある顕微鏡メーカーで、ナイアガラの近くのBuffaloという町に本拠地があります。 アメリカの精密機械工業の魁のような会社のようです。 こちらの顕微鏡は、真鍮を随所につかったとても美しいもの。 機構はシンプルで、二つの対物レンズがついていて、接眼レンズは10倍率です。 シリアル番号(80286)からしますと、1923年につくられたもの、いい感じで年季が入っています。 台座の後ろ側には"Made for The Central Scientific Co. CENCO Chicago"、横側には"St. Anne Hospital Chicago, 1951"とあります。 かつてシカゴにあった科学関係の会社に売られたもので、その後シカゴのSt. Anne病院にて使われたもののようです。 1951、という数字は1951年から病院で使われた、という意味でしょうか。 真鍮部分のさび・変色はありますが、焦点ハンドルも対物レンズを切り替えるレボルバーもスムーズに動き、状態はなかなか良いようです。 レンズの汚れがあるので実際の使用にどれだけ良いか、というのはこちらでは判断できません。 インテリア用にはなかなか格好良いのでは、と思っております。 メーカーSpencer 種類単眼顕微鏡 デザインN/A 状態Very Good サイズ 単眼顕微鏡15.0x10.8 高さ31.31590年のオランダで発明されて以来、ガリレオ・ガリレイをはじめとして 様々な研究者たちが愛用し、科学の進歩を助けてきた顕微鏡。 アンティークの顕微鏡は、機能的には現代のものとは比べるべくもありませんが その美しいフォルムや色合いは部屋のしっかりとしたアクセントになることでしょう。